BusinessINFO

転職後のイメージがわかない!そんな人にこそ読んで欲しいケース別実例集

少しずつ転職に対しての意識は変わってきています。直近では働き方改革実行計画の中で、「雇用吸収力の高い産業への転職・再就職支援、人材育成、格差を固定化させない教育の充実」という項目があります。簡単にいうと「転職市場が活性化しましょう」という方針を政府が打ち出しているということです。このことからも、今後はさらに転職しやすい環境になっていくことが予想されます。

とはいえ、転職未経験の方は転職後のイメージがわかないことも事実です。そこで今回は、転職後にどのように仕事を取り組めば良いのかを、私が過去に支援した方のケース別転職実例をご紹介します。

※転職して1年程経過したときのヒアリング内容をもとに記載しています。

ケース① 同業種・同職種 ~同じ仕事でも評価が違う!?~

転職を考えるときに最も多いケースでが同業種・同職種ではないでしょうか。
今までの経験や知識をそのまま活用できるため、即戦力としても活躍しやすく、期待されやすい傾向があります。

実際にあった転職成功例として、「今までとやってることは変わらないのに評価された」という例があります。

このときの相談者は、上司との考え方が合わずに転職を検討されていました。
書類が多い会社だったため、効率化を意識して書類のデータ化やファイルの整理を率先して行っていました。しかし、上司は典型的なアナログ人間だったため、この行為は「ムダな仕事」と評価されました。そのことから、「ムダな仕事が多い部下」と認識されてしまい、何をやっても「ムダなんじゃない?」と言われていました。

転職する際には「効率化」を本当に望んでいる会社かを意識し、転職活動を進めたところ、考え方がマッチした会社と出会うことができました。

前職では「ムダ」と言われた仕事が「評価される仕事」に変わり、上司からも期待されていることを実感できるようになったそうです。また、自分の仕事が評価されることで自信がつき、通常の業務も円滑に進めることが出来ているそうです。

このようなこと、本当によくあります。私自身も転職経験がありますが、これによく似たことは経験しています。

ケース② 同業種・別職種 ~経験と知識はムダにならない!~

社内異動ではよくあることですが、転職となるとあまり多くないケースです。
今回取り上げるのは、同業種で営業職から間接職へ転職をした例を紹介します。

相談者は、相手が望んでいないにも関わらず会社の売りたいものを売らなければならないという、よくある営業職の悩みを持っていました。そこで、全く違う事務職に転職したいと考えました。

転職活動のときにこだわりはなかったのですが、面接のときに話がしやすかった同業種への転職が決まりました。

今までとは全く違う間接部門での仕事は当然大変ですが、業界用語はわかっているので理解はしやすかったそうです。また、間接部門として営業職をサポートするときに、自分の営業経験を活用することで、「かゆいところに手が届く」と言われることも多いそうです。

ケース③ 別業種・別職種 ~未経験だからこそ出来る!~

人手不足で悩む企業が多い今、「未経験歓迎」という求人をよく目にします。
そんな求人に飛び込んだ人でも、その人次第でどうとでもなるものです。

営業職・事務職を経験したものの、人間関係に疲れていた相談者。ガラッと変えて、現場の技術系職種への転職をしたケースを紹介します。

30代前半という転職市場においては決して有利ではない年齢でしたが、新たな職場として、製造業・技術職に転職しました。当然、業界知識もなく、機械のことはおろか工具の名前も知らない状況だったので、かなり不安だったそうです。

しかし、業界知識もなく、未経験ということを逆手にとり、変なプライドなんか持たずに「教えて下さい!」と上司も上司以外にも声をかけたそうです。相手も未経験のド素人と知っているので、丁寧に教えてくれたこともあり、同時期に入社した経験者よりも早く多くの経験や知識を得ることが出来たそうです。

また、過去の営業職・事務職の経験を活かすことができ、マニュアル化による標準化や対外的な資料作成、発表なども任されるようになったそうです。

「自分で言うのもなんですけど、中堅のエースになってます」と嬉しそうに語ってくれました。

「今までの経験・知識をどう活かせるか」

ここまで、うまくいったケースを紹介してきました。正直いって、全ての転職が今回紹介したようにうまくいくとは断言できません。

ですが、転職活動をする際に次のことを考えるとうまくいく可能性がグッとあがります。

「今までの経験・知識をどう活かせるか」

実際に、今回紹介したケースの方たちはこの点を意識して転職活動をしていた印象があります。だからこそ、次の会社とも考え方のズレが少なく、転職を成功させることができたと思います。


とはいえ『経験・知識をどう活かせばよいかわからない!』
実際に自分の経験や知識の活かし方はなかなか見つからないものです。

キャリアフルコースは、転職支援サービスも行っております。お困りの際は、あなたの経験や知識をどのように活かすことが出来るか、一緒に考えます!

相談は無料ですので、まずはお気軽にご連絡下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です