Business

転職活動は在職中に!?「仕事を辞めたい」からこそ気をつけて欲しい注意点

寒さも和らぎ少しずつ春めいてきた今日この頃。
新しい生き方、働き方を目指して心機一転「転職」を考えている方も多いかもしれません。

さて、今回はそんな転職活動についてのお話です。

早く辞めたい!だからこそ慎重に

今の仕事を辞めたい。これはよくある悩みです。
賃金や仕事内容、業務量など要因は様々ですが、多かれ少なかれ誰しもが経験したことのある悩みだと思います。

当社でも退職代行サービスを行っており、「今すぐ辞めたい!」という方のお問合せも多くいただいています。
https://c-full.jp/careersunrise/

はっきり言えば『辞める』という行為そのものは簡単です。
突発的に「辞めてやる!!」という気持ちになってしまうのも十分理解できます。

でも、だからこそしっかりと考えて欲しい問題が次の仕事です。

多くの人は、生活のために働いています。
十分な貯金があってしばらくのんびりできる人ならともかく、たいていの人は次の仕事をどう確保するかというのが現実問題として迫ってきます。

ですから、勢いだけで「退職」を決断するのはリスキーな話であるということをまずはご理解していただきたい。

理想は転職先を見つけてから「辞める」

退職してから転職先を探すよりも、転職先を見つけてから退職する方が理想的であると言えるでしょう。

理由は色々あります。
まず、一般的に転職活動においては在職中の方が有利です。

さらに、先述の通り退職後の生活に対する不安も最小限で済みます。
公的な制度として『雇用保険』もありますし、企業独自の退職金制度もあります。
退職金はすべての企業が用意している訳ではありませんし、支給されるのに要件があります。(3年以上の在籍など)
また、雇用保険も支給要件がありますし、自己都合退職であれば支給されるまで3か月程度要します。
しかも、退職してからすぐに転職先が見つかるという保証はどこにもありません。

転職活動そのものに2~3か月程度は必要と考える方が無難ですので、気持ちの面での余裕は圧倒的に在職中の活動の方があるでしょう。
何より、妥協せずに自分の進む道をじっくりと考えることが可能です。
納得のいく転職先を見つけてしっかり働きたいのであれば在職中に転職活動をしてから退職という方針の方が有利に働くケースが多いかと思います。

今すぐ辞めた方がいいケースもある

しかし、「転職活動をしてから退職する」というのはあくまで理想論です。
とにかくまず退職しないことには先に進めないというケースも多く存在します。

特に、勤務時間が長い場合や休日出勤が常態化している場合など、在職中に転職活動をする時間を十分に確保することが難しいというのはよくある話です。
また、上司や同僚からのハラスメントなどもあります。
こういったケースの場合は理想論で語るのではなくまず「退職」という選択肢を選んでもいいかと思います。

ケースバイケースとはなりますが、非常手段的にまず「退職」というのも致し方ない場合もある訳です。
この場合、やはり金銭的な部分がネックになるかと思います。
また、退職後のブランクというのもあまり空きすぎると転職活動で不利になることが多いです。

それぞれのメリット・デメリット

最後に、簡単にではありますが「転職活動してからの退職」と「退職してから転職活動」それぞれのメリット・デメリットを挙げてみましょう。

転職活動してから退職する場合

メリット
  • 転職によって収入が途切れる不安感がない
  • 退職までの計画を立てやすく引継ぎなども行いやすい
  • 長期化してもいいのであれば、妥協せずに転職活動を行えるため希望条件に合う企業に入社できる可能性が高まる
  • 転職先が決まっていれば、退職時に引き留められても断りやすい
デメリット
  • 業務の状況によっては、転職活動をする時間をなかなか確保できない
  • 情報収集の方法や時間が限られ、面接対応でも時間調整に苦労する
  • 急募の求人などに応募することが難しい面もある

退職してから転職活動する場合

メリット
  • 日々の転職活動に充てる時間は多く確保できるのでしっかりと取り組める
  • 面接の予定などは柔軟に対応できるので、複数社同時並行でも進行できる
  • 仕事のストレスから解放されてリフレッシュできる
  • 資格やスキル習得に時間を充てることもできる
  • 所定の手続きを経て雇用保険を受給することが可能
デメリット
  • やはり金銭面での不安が大きい
  • 「とにかく早く内定が欲しい」と妥協してしまう可能性がある
  • 転職活動期間失業が長引くと意欲やスキルなどが落ちていく
  • ブランクそのものが選考においてハンディにもなる場合もある
  • 生活面での自己管理が甘いとダラダラしてしまいがち

どちらの場合にもメリット・デメリットはあります。
しかし、できれば先に転職先を確定しておいた方が心理的な負担は少ないかとも思います。

最後になりますが、転職についての支援も当社は行っております。
お気軽にお問合せください!
参考⇒https://c-full.jp/preparation-is-important/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です