BusinessINFO

採用をアウトソーシングする!?採用代行で採用を強化しよう!

皆さんこんにちは。
暑い日が続いています。くれぐれも熱中症にはお気を付けください!

さて、今回は「採用のアウトソーシング」についてです。
人手不足でお悩みの方にぜひ読んでいただきたい内容となっています!

アウトソーシングの意義

採用のアウトソーシングの話題に触れる前に、そもそも「アウトソーシング」とは何ぞやという部分からお話します。
アウトソーシングとは、ずばり「業務委託」のことです。
その名の通り、業務を委託して別の人(企業)にやってもらうというものです。

有名なもので言えば、家の建築だったり自社ホームページの制作だったりというものがあります。

自分(自社)ではできないことを他人(他社)に任せてお願いするというものになります。

アウトソーシングの最大の意義は、この「自分でできないこと」を得意な人にやってもらえるということです。

できないというのにも色々種類がありまして、

  • 能力、技術的にできない
  • 時間的にできない
  • 人数の都合上できない

などなどです。

多くは複合的な理由からアウトソーシング(業務委託)するという決断に至るかと思います。

つまり、業務をアウトソーシングするというのは、企業にとって

  • 能力、技術の補完
  • 時間の有効活用
  • 業務繁閑への柔軟な対応

などを可能にする手段ということになります!

業務をアウトソーシングすることで、「できないこと」を切り出し「できること」「しなければいけないこと」に注力することができるようになるということですね。

採用のアウトソーシングとは??

採用に限らず、様々な業務がアウトソーシング(業務委託)できる世の中。
しかし、採用をアウトソーシングするというのはなかなか勇気のいる決断でもあります。

 

でも、少し立ち止まって考えてみてください。
採用業務と一言で言ってもその範囲は結構多岐に渡っています。

  • 採用要件の確定
  • 母集団形成
  • 選考
  • 内定

非常に頭を使う業務から、実際に人と接する業務、単純な事務作業に終始する業務まで様々な種類の業務があります。
当然、採用担当者によって得手不得手はありますし、人手や時間の問題も発生します。
自社が求める『完璧な』採用担当者を教育するには時間や手間というのもなかなか難しい問題があるのです。

 

そこで、私たちキャリアフルコースは、採用業務をアウトソーシングするという選択肢を提示したいのです。

 

例えば、面接官が足りない!説明会の運営を手伝って欲しい!エントリーシートの取りまとめに時間がかかる!!
こんな悩みは企業で採用活動をしていれば必ずと言っていいくらい発生する問題です。

 

採用のアウトソーシング、つまり採用代行はこういった企業様の問題・課題を解決するための一つの方法なのです!

キャリアフルコースの採用代行

私たちキャリアフルコースは、採用経験者で構成されています。
人材業界、建設業界、IT業界、エネルギー業界など様々な業界・業種の採用を経験しており、新卒採用も中途採用も対応できます。

 

単純な事務作業や面接代行といったスポット的な「業務委託」からコンサルティングまで企業様のニーズに合わせて対応してまいります!

 

企業の採用課題に真摯に向き合い、ニーズに合わせた解決策を提示する。
採用のプロだからこそできる採用業務のアウトソーシングが私たちの強みです。

 

お問い合わせは無料です。
採用でお悩みの企業様はぜひご検討ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です