BusinessINFO

退職・転職は怖くない!② ~自分に合った会社を見つける5つのポイント~

前回のコラムにて、退職・転職に対する不安として「次の会社が決まるかどうか」について取り上げましたね。今回は残りの「自分に合った会社に転職出来るかどうか」について取り上げていきましょう。

自分に合った会社を見つけられるかどうか

結論からいいます。「絶対見つけられる」とは言えません。前回と比べるとやや消極的ですね。しかし、簡単なことで確率をあげる方法はたくさんあるんです。

「いやいや、そんなに簡単にわかったら苦労しないって。」そんな声が聞こえてきそうですね。でも本当にこれからお伝えする内容は、一つ一つはそんなに難しいことではないと思いますし、よく考えれば当たり前の内容だと思います。ただ、それをしっかりクリアにしておくことって、知らないと出来ませんし、知ってても意識していないと出来なかったりします。そして、当たり前のことを当たり前にすることで今より良い職場に転職出来るなら、やってみて損はないと思いませんか?

確率を上げる5つのポイント

POINT1 自分の希望を洗い出す

当然のことですが、ここは必ずやって下さい。面倒でも、「今より良い会社」と思うのなら、何が今より良いのか。そこは明確にしておきましょう。それが「給与」なのか、「労働時間」なのか、「人間関係」なのかで会社の何をみるべきかが大きく変わってしまいますので。

POINT2 どこまでが妥協ラインかを決める

上で行った希望に優先順位をつけます。また、その優先順位の中で、「絶対」「出来れば」「なくても」とランク分けし、妥協ラインを決めます。この妥協ラインは、面接が進んでもあまり下げない方が良いです。ここが下がると、合格率は上がりますが転職後に後悔する可能性も増えますので。

POINT3 事前にわかる情報はしっかりリサーチしておく

妥協ラインまで決めたら、それにそって会社を絞っていくわけですが、ここでの情報収集はかなり重要です。とくに数値が記載されているものはしっかりみておきましょう。例えば、「想定年収」「残業時間」「休日日数」などはわかりやすく、判断基準になる人も多いのではないでしょうか。また、自分の優先順位が高い内容については、面接時に質問出来る程度には読み込んでおくと良いです。その質問の回答によっては、会社の考え方や本音が見えたりするものですので。

POINT4 面接ではこちらも選考する側と考える

面接というとどうも「企業が選考する」ってイメージが強いと思いますが、実際は「お互いにマッチするか面談で確認する場」なんです。そのため、どちらが上とかもないんです。ということで、「こっちもこの会社が自分にあっているか見極めてやる」という思いで臨むと、質問しにくいことなんてないですよね?例えば、「残業時間20時間と書かれていましたが平均ですか?」とか「特定の部署だけのケースですか?」とか「努力次第で10時間にできますか?」とか突っ込んで聞いたらいいんです。それをしないからミスマッチが出てくるんです。

また、面接だけではなく、面接前後の対応やその他の要素もいろいろ気になりますよね?例えば担当者の方以外も挨拶する社風か・無視する社風か、事務所をキレイに保つ会社か・汚れは気にしない会社か、職場の空気が和やかか・殺伐として業務主体かなど、受付から面接場までの間でもいろいろ見ることが出来ます。もちろん、例に挙げたどちらが良いかは人それぞれですので、そういった生の情報を積み上げていけばよいのです。

POINT5 落ちても気にしない

採用担当をしていたとき実際にあったのですが、明らかに優秀な人でも不採用にすることはあります。理由は様々ですが、その人の希望と会社の望む人材にズレがあったり、そもそも社風に合わないと思ったこともあります。つまり、その人がダメとかではなく、たまたまマッチしなかっただけだったりするんです。そんなことで落ち込んでも仕方がないので、次に切り替えてしまいましょう。案外肩の力が抜けて、自然体でマッチ出来る会社が見つかるかもしれません。

ポイントを押さえてあなたの求める働き方へ

今あげた5つのポイントを押さえておくことで、ただやみくもに転職活動するよりも希望した転職先にいける可能性は大幅に上がると思います。もちろん今回あげたポイント以外に細かなテクニック等もありますが、まずはこの5つを試してみることをオススメします。そして、前回のコラムで掲載した「次の会社を決めるPOINT2場数をこなす」を行っていけば、自分に合った会社に出会う可能性も上がりますので、あなたの求める働き方を実現しやすくなると思います。

退職・転職は怖くない

いかがですか?2回のコラムに渡ってお伝えしてきましたが、ポイントを押さえてしまえばそんなに恐れることはないんです。それよりも、現状が辛いならその状態を続ける方がもったいない可能性もあります。時代は今、人手不足です。転職を考える上で、売り手市場というチャンスの時期なのは間違いないと思います。今の職場が辛いのであれば、あなたの求める働き方が出来る場所を探しに、思い切って新しい一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

それでも不安なあなたへ

我々キャリアフルコースでは、退職代行サービスとともに転職支援サービスも行っております。今回取り扱ったような内容も、それぞれのケースに合わせてより良い選択のお手伝いをしたいと考えております。相談は無料ですので、お悩みの場合はお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です